トップページ >  男性用発毛剤の豆知識 >  フィナステリドの効果

フィナステリドの効果


フィナステリドという成分には、男性型脱毛症・AGAの改善効果が期待できます。 男性型脱毛症・AGAになってしまう大きな要因は、5αリダクターゼが出てくるからです。

5αリダクターゼが出続けていると、脱毛ホルモン、ジヒドロテストステロン(DHT)が生成されます。 脱毛ホルモン、ジヒドロテストステロン(DHT)は髪の毛への栄養成分の供給を邪魔するので、髪の毛がはげたり生えにくくなるのです。 フィナステリドを使って、5αリダクターゼの制御を行うことが育毛効果が高いといわれています。

現在、医学的に男性型脱毛症・AGAの改善効果が高い薬として認証されているのは、フィナステリドとミノキシジルのみです。 たった2つの成分しか、厳密には男性型脱毛症・AGAの改善効果は認められていません。 フィナステリドは新たな脱毛を引き起こさないように、5αリダクターゼを制御します。

一方のミノキシジルは血液の流れをよくして、血管を拡張して、毛乳頭や毛母細胞の働きを活性化させる効果があることが分かっています。 男性型脱毛症・AGAの効果的な治療を行っていくためには、ミノキシジルとフィナステリド2つの有効成分を組み合わせる方法が有効でおすすめできます。