トップページ >  男性用発毛剤の豆知識 >  塩化カルプロニウムの副作用

塩化カルプロニウムの副作用


血管を拡張させて髪の育毛効果が高まる成分で注目されているのは、塩化カルプロニウムです。 血管が拡張されたら、血液の流れる量が増えていきますから、髪の毛や頭皮に栄養成分や水分や酸素が供給できますので、毛乳頭や毛母細胞の働きも高められるのです。 髪の毛のターン・オーバーもスムースになって、髪の毛が豊かにはげにくくなる効果が期待できます。 すでに、塩化カルプロニウムは円形脱毛症の治療薬や「カロヤン」シリーズの育毛剤にも使われている成分なのです。

知りたい情報は、 「塩化カルプロニウムには副作用はないのですか?」 ということでしょう。 塩化カルプロニウムは血液の流れをよくするので、関連した副作用がおこることがあります。 発汗・汗をたくさんかいたり、寒気、悪寒、ほてりなどの体の温度調節の問題です。 その他には、頭皮や髪の毛がかゆくなる副作用も報告されていますし、吐き気やむかつきが出るかもしれません。 こういった副作用は、急に血液の流れが良くなったことが要因でおこると考えられます。

塩化カルプロニウムで何らかの体の異常があった時には、塩化カルプロニウムの配合された商品や薬の使用は中止してください。