トップページ >  男性用発毛剤の豆知識 >  ピディオキシジルの副作用

ピディオキシジルの副作用


ミノキシジルに似た成分構造で育毛や発毛に効果が高いと言われているのはピディオキシジルです。 ピディオキシジルの成分をさらに有効に使うためには「PPTE配合」をやって、ツバメの巣の主成分であるシアル酸や、EGFなどの成長因子を加えるとより効果が高まるのです。 ピディオキシジルはまだ有名な成分ではありませんが、これからはさらに関心が集まるでしょう。

そこで気になるのは、ピディオキシジルの副作用です。 類似成分の医薬品のミノキシジルは効果も高いのですが、その分副作用があることが分かっています。 ミノキシジルを使った後での、髪の毛のかゆみや炎症です。 元々はミノキシジルは高血圧の治療薬ですから、重大な副作用では心臓や血圧への異常も考えられます。 さらには、むくみや肥満、眠気などを感じる人もいます。 ミノキシジルは副作用の報告も多い発毛剤なのです。

ピディオキシジルには副作用はないのでしょうか? ミノキシジルほどに強い成分ではないので、ピディオキシジルには大きな副作用はないと考えられているのです。 「PPTE配合」されたピディオキシジルは髪の毛のかゆみや炎症をおこしにくいので、安心して使うことができるといえるのではないでしょうか?