トップページ >  男性用発毛剤の豆知識 >  ピディオキシジルの効果

ピディオキシジルの効果


ピディオキシジルは、発毛剤として効果があるミノキシジルに似た成分を持っているとして注目を集めています。 韓国では医薬部外品に分類されていて、髪の育毛やまつ毛美容液としてすでに使われてきました。 日本でもその育毛効果に期待して、認証されるように「PPTE配合」というものが開発されました。

「PPTE配合」とは、ミノキシジルによく似た成分のピディオキシジルに、ツバメの巣の主成分であるシアル酸や、EGFなどの成長因子を加えたものです。 ツバメの巣の主成分であるシアル酸や、EGFなどの成長因子を加えることによって、よりピディオキシジルがミノキシジルに近い育毛成分を得られるようになりました。 各種の臨床実験でも「PPTE配合」を行うと、ピディオキシジル単品で使う以上に高い育毛効果が得られることが分かっています。

ミノキシジルはすでに育毛やはげの治療薬として、日本でも厚生労働省から医薬品に認可されています。 その一方で、様々な副作用の問題も指摘され始めているのです。 副作用の問題を引きおこさないためには、比較的副作用がおこりにくいといわれている「PPTE配合」されたピディオキシジルに期待を寄せる声が高まっています。